コウモリ(Rlee1984)の連絡帳

ひっそり返信やメモ。コメ欄推奨、ブクマ非推奨;

これは、届くかどうか分からない手紙だと思ってこっそり書いています。idコールなんて、読まれるかどうかは運次第というか、全然わからない。

それでも、考えるところのあったコメント・返信があった方が面白そうな交流系のコメントに対しては返信するのが良いだろうなと思い、試してみます。

ただ、返信数が多くなってしまうことがあるので、ctrl+Fでid検索などしていただけると早いかと思います。

返信:ブログの使い分けについて

id:ponako10さん

このサブブログの使い方いいね

id:chuunenh さん

本来はエントリー内のコメントや追伸でやりとりすべきで、この方法だとidコールされた人以外には伝わりにくい。Twitterのリプと違って第3者に見えにくいのもデメリット。

ご意見ありがとうございます!
これ、メリット・デメリット、どっちもありますよね^^

自分の判断としては、

「メインブログは、多数が見る場所」
  →追記や脚注は、できるだけ少なく概要だけ。

「サブブログは、個別の交流場所」
  →できるだけ「誤解を生まず伝わる」「楽しく交流する」ための詳細を。

という使い分けです。

この返信ブログの過去返信の履歴を見て頂ければ分かると思いますが、
ブコメが多い場合には、あまりにも情報が多くて錯綜してしまう。
そして、メイン記事を見る人にとって、不必要な情報が多すぎる。

そのため、「めんどくさいし、いいや」と逆に読まれないことにつながる。
例えば今回の返信エントリだけで10を越えてしまいましたが、
それらの文字量と情報量の全てを追いたいと考える人などいないどころか、
その量を見てウンザリしてしまうヒトが大半だと思うのです。
なので、詳細までは「エントリ内の追記とすべきでない」と判断しています。

また、メインブログにはコメント欄を設置しておりません。
業者によるスパムコメントが嫌だからです。
また、メインブログは、それ単体でコンテンツとして完結させたいからです。
シンプルさを重視したいので。
zuiji_zuihoさんのブログや、Chikirinさんのブログも同じだと思うのですが、
その意図についてのご説明があったような気がします。
それを僕も採用しています。

なので、ブコメで頂いたご意見(疑問や批判)に対して、
「個別に」回答や訂正を出していく場所としてこの場所を考えています。

そして、この場所のやりとりで生まれたものの中から、
メインブログに追記すべきと思われる情報だけ、そちらに追記するようにしています。

メインブログにコメント欄を設置していないのも、
「多くの人が見る可能性がある場所だから、ノイズを減らしたい、シンプルにしたい」
という目的があるからです。

このあたり、(idコールやブログの性質などについても含めて)
「ネット上で情報を発信することの意味」に関連した連続シリーズのエントリをこのあと上げていく予定なので、そちらを見て頂ければ嬉しいです。半分以上書き上がっています。
タイトルと簡単な図だけこちらに上げますね。(この返信エントリのいちばん下)

あ、それから。
これは連続エントリにも書くことはないここだけの話ですが、このサブブログの「もう1つの意図」として、皆さまのご意見を受けながらの「編集場所」と考えています。ブコメで頂いた良いご意見は、すべて「編集仲間からの意見」と思っているからです。自分ひとりで良いコンテンツなんか作れるハズがないと思うので。
逆に言えば、自分にとってメインブログは、「編集後のコンテンツ」を出す場所、という感じです。
なので、誰かとの個別のやりとり、個別の編集作業を、多くの人目につくところに出すのも気が引けるなぁ、と思うので、どこにもリンクを貼っていないし、ブクマ非推奨、としているわけです。

もし見たい人がいれば、探して見に来れる。
人目に付かないとはいえ、ネット上に公開することで、その可能性も残しているつもりで、この使い分けが、今のところの自分が考える、「追記orコメント欄or別ブログ」のトレードオフへの解答です。

突っ込んだご指摘だったので、かなり内情を説明したつもりです。
どうか、意図を汲んでいただけるとありがたいです。

(注釈)
id:chuunenhさんにブコメで貼って頂いたリンク自体を消してほしいという意味ではありません。また、このサブブログに付けて頂いたブクマ自体を否定しているわけでもありません。それらはご自由にして頂いて大丈夫です(当たり前ですね(笑) ヒトは自由!)。
自分からコストをかけてやってくるような人を拒むものではないので; 
ただ、できるだけひっそり、個人的な、深いやりとりを楽しむことを最重視している場にしたい、ということです。
このサブブログが新着・人気エントリに上がると、「なに身内で楽しんでるだけのブログが人気エントリになってんの?」と思われる可能性もあると思うので。
僕個人としては、いたずらに他人様の認知資源を奪い、あるいは不快にさせたくないのです。

以下、シリーズの個別タイトル。

『そのコトバ、誰のために書いてますか?』
『コトバの三原色。』
『炎上回避の方法まとめ』
『ネガティブなコトバへの対応まとめ』
『それでも多くの人に伝えたいときは』

準備している図解の一部。

←これがかなり今回のご質問への解答に近い図です。
シリーズ二回目で使います。


←解答の最後に書いた内容と関連します。
シリーズ一回目で使います。


←解答の最後に書いた内容と関連した具体的な問題例。
ツィッターで、「みんなが見れる」からこそ起きる問題。
シリーズ一回目で使います。