コウモリ(Rlee1984)の連絡帳

ひっそり返信やメモ。コメ欄推奨、ブクマ非推奨;

これは、届くかどうか分からない手紙だと思ってこっそり書いています。idコールなんて、読まれるかどうかは運次第というか、全然わからない。

それでも、考えるところのあったコメント・返信があった方が面白そうな交流系のコメントに対しては返信するのが良いだろうなと思い、試してみます。

ただ、返信数が多くなってしまうことがあるので、ctrl+Fでid検索などしていただけると早いかと思います。

自分用メモ 一連の反省点まとめ。あとで見る。ときどき見る。

反省点①

カッカしてるときには、「反論」のような言い方をしてしまう。
一呼吸おかなきゃ。


反省点②

idコール1500件は、「やりすぎだと周りから思われる」。
たしかにそう見えるかもなー、と反省。
ただ、なんでも試してみることは大事なので、まあいっか、とも思っている。
初めてだし、分からなくて当然。仕方がない。
気にし過ぎないようにしよう。

そのぶん、学んだことが多かった。
「idコール」の見え方、ネット上でのコスト感覚、自由の感覚について。

こっちは5時間かけて、それぞれのナンバーに「さん付け、id付け」して、超手間かけた。
そんであっちは、「通知がたった一件くるだけ」。

普通のコスト感覚で見たら、「これのどこが迷惑なんだろう?」って最初は思った。
きっと、1500件がズラズラ並んでるのを見て、そう感じたんだろうな、と。
視覚効果による錯覚。
あと、「晒してる」ように見えたのも悪かった。
すぐ消すだけにすれば良かったなー。


あと、コスパ問題。
「1499人が通知来てうざいなーと思うコストと、1人の犯罪防止につながるベネフィット」
たぶん身近に性犯罪が起きた経験がないから、そのバランス感覚が違うのだと思う。

でもそれ以上に、「誤配問題」に気が付いている人が少ないのだと感じた。
届けたいメッセージが、届けたい相手に届かない。
違う人に届いて、意図と違う結果を呼んでいる。

たぶん、記事を書いた自分にしか分かりづらいことなんだろうな、と思う。
釈明としてどこかで説明するのか、
それとも、流して次に進むのか。。。

釈明すると、たぶん「粘着質、めんどくさい」と思われるだろうから、
ささーと流して、切り替えていくのが良いのかな。

これ忘れそうだし、つい「釈明したい;;;」という気持ちに駆られるから、
注意しなきゃ。


反省点③
スパム判定を受けていたは、何ともやり切れない。まあ、過渡期だから仕方ない。
割り切ろう。

反省点④
その流れで、空気を読まずにちきりんさんに拡散希望のツィートしたこと。
これは、かなり失敗だ。
楽しく会話してる人の邪魔するなんて。。
しかも、都知事選挙の話してるときに、急に違う話を持ち出すなんて。
空気読まな過ぎ;
リプライ欄を間違えてるし。
本当にバカ過ぎた。
狭い感情の檻に囚われて、自分のツィートの信頼度を下げたなーと反省。
たぶん、これが今回で一番の大きなミス。
少しずつ、慣れていかないと。
発信することと生活することが結びついて間もないから起きるミスだ。きっと。
それから、こういうときのために、佐々木俊尚さんへのツィートも信頼度上げなきゃなーと再確認。
朝のツィート返し、もう一回やるようにしよう。


反省点⑤
トピシュさんに迷惑かけた。
ブクマ数はたくさん付いてるし、
はてな上での評価は変わらない部分もあるのだろうけど、
たぶん不要な勘違いを生む原因になってしまった。
タイトル変更も、あれで良かったのかな?
意図と真逆になってしまっただろうか?
同じようなタイトルが、二つのジャンルに並び、そして人気エントリに二つ表示される。
これはこれで事件だし、そのキャプチャ画像があれば面白かっただろうなと思う。
にも関わらず、「分業!」「別タイトル!」と思った判断は、正しかったのだろうか。
これは、時間をかけて正解を考えないといけない。
それにしても、「テクノロジ」ジャンルに割り振る凄さ。
なるほど、ブランド力。気付かなかった。本当に適切。
そう考えると、これまでにもう少し、メディア系の話題で「テクノロジ」ブランドを高めても良かったかもしれない。ブクマ付きにくかったのは、それもあるんだろうな。。
1ヶ月前に読者になってくれた人は、「はてな」やwebサービスの話題を望んでいたのかもしれない。たしかに、そのテーマでのキラーコンテンツはまだ隠してあるけど、、、もっと後だと思うんだけど、もう出しても良かったのかも。

でも、自分の専門じゃないし。。。そこでブランド上げ過ぎてもなぁ、、、

まあ、これから、「コミュニケーション・暮らし」にシフトして行くから、
今回の炎上に巻き込まれた(というか自分もひとつの切欠になった)のは、
良いきっかけだったかもしれない。

届けたいベースとなる読者層が、自分には二つあるんだ。

はてな男性に向けて。
そして、暮らしに興味のある、普通の女性、普通の男性。

だいぶ見えてきたことがあって、良かった。

それにしても、どうやって恩を返すべきか。。。
いつか、何かで返す方法を考えないと。