読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コウモリ(Rlee1984)の連絡帳

ひっそり返信やメモ。コメ欄推奨、ブクマ非推奨;

これは、届くかどうか分からない手紙だと思ってこっそり書いています。idコールなんて、読まれるかどうかは運次第というか、全然わからない。

それでも、考えるところのあったコメント・返信があった方が面白そうな交流系のコメントに対しては返信するのが良いだろうなと思い、試してみます。

ただ、返信数が多くなってしまうことがあるので、ctrl+Fでid検索などしていただけると早いかと思います。

コトバに存在する、広義と狭義。

id:meerkat00さんへ

客観性を持って間違いを正すことまで、disりと一緒にするのはどうなんでしょう。

えっと、「コトバ」の話はややこしいので、図を作りました。
一応最初に、一般的な使われ方を説明していると思しきweb辞書を引いときますね。

広義での意味

DISる
ディスリスペクト - Wikipedia

ディスリスペクト (英: disrespect) はrespect「名 敬意、動 ~に敬意をはらう」に否定(逆)を表す接頭辞dis-がついてできた語で[1]、「名 無礼、軽べつ」や「動 ~に無礼なことを言う[する]、~を批判[侮辱]する」などの意味を持つ。
disrespectを短縮したdis(あるいはdiss)も「名 批判 侮辱、動 ~を批判[侮辱]する」の意味でインフォーマルな語である。ヒップホップ系の黒人音楽のアーティストやリスナーの間でよく使われる。日本語では、「ディスる」、「ディスられる」という使い方をする。

つまり、広義には、「dis」の一部に「批判」が含まれる。
(便宜のために、このあとは「dis=非難」として話しを進めます。

また逆に、広義には、「批判」の一部に「dis・非難」が含まれる。
それを図にすると、こんな感じ

それでも、「カブってない部分もあるのだから、それを使い分けて「狭義で」コトバを使っているヒトの意図を無視するのは良くないよねー」と僕は思います。

meerkatさんは「狭義の意味で使い分けているコトバを、大ざっぱな括りで一緒くたにしないでほしい」と思われるヒトだと思うので、その点について共感しています。

「こっちは使い分けてんだから、混ぜこぜにすんなよー」ていう感じ(笑) コトバを使い分けているヒトにとっては、雑な括りをするヒトって腹が立ちますよね。

広義と狭義

一応、「批判」というコトバの「広義←→最狭義」についての自分のイメージも図にしてみました。


そんで、昨日テキトーに書いた記事は、「広義の意味で使っているコトバ」なので、あえて区別をなくした書き方にしています。それは、その方が整理した全体像が見やすくなるということと、実際に使いやすいということの2点が理由です。

使いやすい、というのは、ヒトの認識がそんなに完璧なものじゃないってのを元にしてます。


「自分が何か言われてる、どうやら否定的なコトバを発されているようだ」


そのくらいしか、まずアタマは判断できない。あるいは、そのくらいしか判断しないヒトが多い。単純にコストの問題だと僕は思っているのですが。。。

なので、「なんか否定的なコトバを言われてるみたいだけど、あのヒトはなんでそういうコト言うのかな?」と思うヒトが絶対にいる、と僕は思っています。そんで、そういう疑問に対する答えとして、書きました。

読まなくて大丈夫ですが、一応; 詳細な経緯

otsuneさんのブコメは、
「批判」についての元エントリに対して、本文から「書き手の使っている批判は、disの部分の意味じゃね?」とそのコトバの範囲を限定して捉えた上で、「dis=弱点暴露説」を紹介したものだと思います。

で、逆に、いったんそれを「広義の批判」に話を引き戻した上で、再整理する形を取ったのでした。

dis(非難)は、「侮辱・軽蔑」寄りの感情的なコトバに近く、批判は、「客観性ある指摘」寄りの論理的なコトバに近い。

その違いを重視する立場は重要だと思うので、「(狭義では)違うよー」ってどんどん言っていって良いと思うし、そうやって言うヒトのことを、僕は応援しています。

うーん、長くなってすみません><; そういう感じです。